激安!てるみくらぶのソウル

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | この記事のURL |

激安!てるみくらぶのソウル

Entry: main  << >>
韓国語であいさつしてみよう
>>最短で韓国語をマスターする学習法!

どの語学でも言えると思いますが、まずはあいさつを知っておくだけで、少しでもコミュニケーションが出来て、旅行先でも楽しみ方が違ってきますね。
 
では、韓国語のあいさつを少し紹介したいと思います。
まずは、日本語の「こんにちは」にあたる「アンニョンハセヨ」という言葉ですが、目上の人には
「アンニョンハシムニカ」と言い、友達同士や子供には「アンニョン」と言います。

「さようなら」にあたる言葉は、「アンニョンヒ ケセヨ」と「アンニョンヒ カセヨ」の二種類あって、
「アンニョンヒ ケセヨ」は先に立ち去る人が言い、「アンニョンヒ カセヨ」はその場に残っている人が言います。二人ともその場から去る場合は、「アンニョンヒ カセヨ」といい、親しい間柄なら「バイバイ」にあたる「アンニョン」と言います。

「はじめまして」は、韓国語では、「パンガプスムニダ(お目にかかれて嬉しいです)」または、「チョウムペッケスムニダ(はじめてお目にかかります)」といいます。

「ごめんなさい」は、「ミアンハムニダ」で、丁寧な言い方をするなら、「チェソンハムニダ(申し訳ありません)」となります。

「はい」は「ネ」、「いいえ」は「アニオ」というのが普通ですが、丁寧に言う場合、「はい」が「イェ」、「いいえ」が「アニエヨ」となります。

他に覚えておきたい韓国語の挨拶として、「チャル モッケッスムニダ(いただきます)」と「チャル モゴッスムニダ(ごちそうさま)」があります。

韓国では、目上の人には必ず敬語を使うので、敬語での表現も覚えておいた方がよいです。また、身内や上司のことを他人に話すときにも尊敬語を使います。韓国と日本では微妙にマナーが違うので、韓国語の挨拶の仕方だけでなく、マナーも勉強しておくと恥をかかないで済むかもしれません。
| 韓国語 | comments(0) | - | この記事のURL |

激安!てるみくらぶのソウル

スポンサーサイト
| - | - | - | この記事のURL |
最短で韓国語をマスターする学習法!
Comment